20代の転職、公的手続きはどうしたら良いか

転職

転職について

20代の転職、公的手続きはどうしたら良いか

画像
20代といった、若い年代での転職は、ついつい自分の新しい職場の事しか考えなくて、重要な公的手続きを忘れてしまう事があります。
ですので、転職をする際には、色んな手続きがあるというのを覚えておきましょう。
もしも、新しい職場がなかなか決まらなくて、失業状態になってしまったり、フリーターになるという事であれば、国民年金に加入をしなくては生けなくなります。
また、失業をしたとしても、親の扶養から外れていれば、国民健康保険に加入をしなくてはいけません。
ですが、国民年金も国民健康保険も、同時に役場で行う事が出来ますので、手続きは一度で済みます。
ですので、絶対に忘れずに手続きを行う様にしましょう。
また、離職期間が無くて、スムーズに転職が出来たとしても、退職時に地方税の分割納入をお願いした場合には、うっかり納入忘れをしてしまうといったケースもあります。
思いがけない所で督促されないように、辞める時にどんな手続きを選択したかというのも覚えておきましょう。